廃車の手続き

廃車の手続きは2種類あります。

車は、購入する時にも、廃車にする時にもたくさんの手続きが必要になります。

廃車にする時というのは、事故や故障で乗れなくなってしまった場合、長期間に渡って乗らないことが分かっている場合があります。

まだ十分に乗れるという場合には廃車にする前に、中古車として売却するという方法もありますね。

廃車の手続きには一時抹消登録という方法と、永久抹消登録という2種類の登録があります。

自動車は新車であろうと中古車であろうと、購入時にナンバーを登録する際に全て運輸局に存在が登録されています。

この記録を元に自動車税などを算出するため、勝手に廃車にしても登録を抹消しない限りはその車が存在すると思われてしまいます。

そのため、廃車にする際には必ずこのどちらかの抹消登録をしなければならないことになっています。

一時抹消登録というのは文字通り、一時的に廃車措置として車を使用しないという場合にするものです。

これは一時抹消登録を解除することで、再度車を利用することができますし、中古車として販売することもできます。

もう一方の永久抹消登録という方は、車をスクラップにしてもう二度と乗れない状態にする場合などにする登録で、その自動車の存在自体を運輸局の登録から抹消してしまうというものです。


■車を処分する時には廃車手続きを忘れずに>

"車が故障したり、事故に遭って修復できないほどになってしまった時には廃車の手続きをする必要があります。

日本国内を走っている車は全て、所有者と保管者の所在が明確になるように、登録の義務があります。

新車でも中古車でも、購入の時に手続きをしたのを覚えているでしょうか?

国土交通省の運輸局では、国内に走っている車の情報を全て管理し、ナンバーを登録することで、勝手に車を購入して走らせたり、廃車にしたりできないようにしています。

さて、廃車の手続きを実際にするにはどのようしたらよいのでしょうか。

一番確実なのは、事故に遭った際に警察の人に相談したり、あるいは事故の車を回収に来てくれる修理工場の人に聞く方法です。

実際に、多くの事故処理をしているので、手続きの仕方なども良く知っています。

車は、使えなくなってしまったら、廃車の手続きをすることで、もうその車を使っていないことを証明する必要があります。

そうしないと、自動車を保有、使用していることでかかる税金を払う義務が生じてしまいます。

廃車の手続きをすることで、その車に対する義務を解除しない限りは、運輸局に保管されている車の登録情報は更新されず、責任が生じます。車の処分をする時には忘れずに廃車の手続きをしましょう。

軽自動車の任意保険を比較

Copyright © ズバット車買取比較で事故車を査定・売却 All Rights Reserved.