日本の過走行車、多走行車は海外で大人気

走行10万キロを超えると過走行車?


日本の車メーカーが設計上で想定する車の寿命は、走行距離にして大体15万キロ〜20万キロだと言われているようですが、当然これはメーカーによって違いがあるでしょう。


実際に走行上で様々な支障が出てくるという意味での車の寿命はなんと30万キロ程度にもなるとも言われます。


ところが日本の中古車市場では走行10万キロを超えると「過走行車」の扱いとなり、通常の買取店などの査定はゼロになってしまいます。


確かにメンテナンスの面で10万キロが一つの区切りにはなります。


タイミングベルトは10万キロで交換ですし、10万キロ走れば駆動部などの劣化で部品交換の必要も出てきたりします。


10万キロくらいでメンテナンスに費用がかかるようになり、それなら買い替えだということになるケースが多いのかもしれません。


車検以外のメンテナンス無しで乗れるのが10万キロまでだから、10万キロを超える車を「過走行車」と呼ぶのでしょう。


日本では過走行でも海外ではまだまだ現役


日本の中古車は私たちが想像する以上に海外での人気が高いようですね。


品質が高く故障しにくいという日本車のブランドが定着し、過走行であろうが多走行であろうが喜んで買われているといいます。


走行10万キロ程度の日本車なんて現役バリバリで、20万キロ超えの日本車でも値段が付いて故障もなく元気に走っているといいます。


また、商用車、ディーゼル車、日本ではほとんど見かけなくなったマニュアルシフト車などが、たとえどんなに走行距離が大きかろうと海外では人気が高いそうです。


頑丈ですし、壊れても修理しやすいからなのでしょう。


国内では廃車扱いになる過走行車が、このように海外では立派に再生し現役の車として活躍しています。


過走行車だからといってあきらめれば損をする


このように海外では過走行車の需要がたくさんあるのですから、国内で「査定ゼロ」といわれる過走行車でも輸出向け買取業者などが買い取って輸出するというビジネスが成り立ちます。


実際、海外向けに過走行車をはじめ日本では廃車になるような車を積極的に買い取る買取業者も増えてきているのですよ。


車の一括査定サービスには、そのような海外向けルートを持つ買取業者も多数参加しています。


過走行車と言われて廃車処分のことを考える前に、まずはこの一括査定を試してみることをおススメします。


もちろん故障などで動かなくなった車でもあきらめる必要はありません。


少なくとも数社から、きっと買取の引き合いが来ると思いますよ。


各社の買取額を比べて一番高いところに買い取ってもらえばいいのです。


廃車費用の出費がなくなるうえ、まとまったお小遣いが入ってくるというダブルのお得感を味わえると思いますよ。

Copyright © ズバット車買取比較で事故車を査定・売却 All Rights Reserved.