修復歴のある車は申告してトラブルを避けよう

修復歴のある車はどうしても顧客から敬遠される


ネットの質問箱などでも「修復歴のある車は大丈夫でしょうか?」という心配のコメントを良く見かけます。


修復しているとはいえ、不安要素を抱える修復歴車はやはり顧客から敬遠され、再販売では相応に価格を下げないと売れないようです。


ですから買取の査定では、修復歴のある車は大きいマイナス査定になってしまいます。


車評価のプロである査定マンがこの修復歴を見落とすことはないでしょう。


でも、万一見落とせば大きい損害につながります。


査定士は、外見上問題のない車であっても「この車は修復歴車かも…」と疑ってかかるぐらいの心構えでチェックするそうですよ。


「事故歴」と「修復歴」とはまったく違う


世間では、交通事故などで損傷を受けた車両をすべて「事故車」と呼ぶのが一般的のようですが、自動車業界では「事故歴」と「修復歴車」とは全く違う意味になります。


査定士が使用する査定基準には、「・・自動車の骨格等に修復歴のあるもの」をマイナス査定すると明確に書かれています。


事故による損傷でマイナス査定になるのはこの場合だけ、つまり「修復歴車」だけです。


事故歴があってもバンパーの取替えやボディーの凹み・傷の修理程度ですんでいれば「修復歴車」にはなりません。


事故歴があるというだけですべての車がマイナス査定になるのでないわけですね。


「修復歴」は初めから申告した方が何かといいことが多い


「修復歴」のない方が査定額が高くなりますので、自分から「修復歴」を申告するのには消極的になり勝ちかもしれません。


でも上で触れたように、「修復歴」の見逃しはプロの沽券に関わることなので、「黙っていればわからない」ということはまずありえないでしょう。


車の査定の最重要ポイントなのですから、プロの眼から見ればすぐにわかってしまうでしょう。


どうせ見つかるのですから、初めから申告する方が査定マンの心証の面から見てもいいと思います。


もし査定の時にわからなかったとしても、プロの整備士などが見ればすぐわかってしまい、後々のトラブルの原因になってしまうかもしれません。


こんなトラブルを避けるためにも正直に申告した方がいいでしょう。


もちろん車買取店に限らずディーラー下取り査定の際も申告するにこしたことはありません。

Copyright © ズバット車買取比較で事故車を査定・売却 All Rights Reserved.